about

兵庫県明石市の小さな工房で、
1300年以上の歴史を持つ兵庫県の「杉原紙」を素材とした和紙製品を制作しています。

古来の製法を紐解き 湯煮と柿渋染などの塗と天日干しを
ひとつひとつ手作業で 交互に幾度も繰り返すことにより
一見すると紙とは思えぬ独特の質感と耐久性を持つ新しい素材が生まれます。